たのしいけんちくを、もっと。
facebook facebook twitter twitter
つながるいえプロジェクト[susreno|サスリノ]

つながるいえプロジェクト[susreno]CONCEPT

サスティナブルリノベーション。
略して、[susreno] (サスリノ)

古い建物を再生するリノベーションという行為は、単に古いものを 新築そっくり にリフォームするということではなく、空間の質を一新し、建物に新たな価値を与えるという意味を持つ。

新築が絶対にいいという考え方が日本ではほとんどであるが、そうではない価値観もある。

戦後の日本では、まだ使える建物を簡単に壊しては建て替える、スクラップアンドビルドを繰り返すようになってしまったが、海外では古い建物に手をいれながら住み続けるという行為があたりまえにおこなわれている。

古いもの=悪いは、高度成長期につくられた、最近の日本人が持つ特殊な考え方のようだ。

Renovation Project [ s u s r e n o ] (サスリノ)では、そんな悪しき考えを壊しつつも、貴重な資源である建築は壊さず、最後まで使いきるというサスティナブルなものづくりのありかたを大切にしていきたいと考えています。

今ある建築を簡単に壊してしまうのではなく、積み重なった時間を尊重することで、世代を超えて愛される建築をつくりたいと考えています。

新しく建てる時は、しっかりとした建築を!使える建築は、壊さず、大切に!

というテーマを掲げ、取り組んでいきたいと思っています。

【サスティナブル】
持続可能であるさま。地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発などについていう。
【リノベーション】
既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすること。

積み重なった時間は、お金では買えない。

積み重なった時間は、思い出がいっぱいつまった、つくろうと思ってもつくれない、お金では買えないものです。

古い壁、傷だらけの柱、中途半端なデザインの家具、バランスの悪い佇まい・・・スクラップアンドビルドの精神ではいったんリセットするものを、そうではなく中途半端を受け入れた上で、デザインしたいと考えています。

キズや古さを思い出や味として取り入れていくことで、新築ではつくることのできない、ヨーロッパの街並みにあるような、新旧が入り乱れた複雑な厚みのある豊かさを得ることができます。

具体的取組 総合的に融合したサスティナブルな
リノベーションを提供します。

現在の建築設計事務所としての環境適合ノウハウとデザイン力を活かし、既存住宅リフォームにおける環境・デザイン・利便性などを総合的に融合したサスティナブルなリフォーム・リノベーションを提供します。

  • 長寿命な住まいづくり

    • 飽きのこない美しいデザインの追求
    • 基本性能の確保

      耐震性の強化、耐震診断、耐震補強設計

      省エネ改修、断熱改修

      設備機器の更新

    • ライフスタイルに対応したプラン
      (コミュニケーションを重視した設計)
    • 介護住宅・ユニバーサルデザインの追求
    • 普遍性のある材料・構法の選択
  • 太陽や風などの自然エネルギーを有効活用した、パッシブな建築の提案
  • 各種省エネ機器・リサイクル製品の積極的活用
【パッシブな建築】
機械設備を使用しないで、自然を上手に利用した建築設計の工夫により、室内環境を整えようとすることを目的としているもの。

[ 建設コスト ]

  • 価格帯 25~60万円/坪

    建築費には、屋外電気配線、下水道接続、床暖房設備、
    解体費、設計料、 地盤調査・改良費、その他諸費用等は含まれていません。
    エアコン、キッチン、照明等は含まれています。

    施工面積には法延面積(1階、2階の延床面積)と、
    玄関 ポーチ、バルコニー、インナーガレージ、 吹き抜け、
    外部ふかし壁が含まれています。

建設コスト

[ 設計監理料 ]

  • 建築工事金額×9.0%~12.0%

    建物調査費(5〜20万円)、構造検討費、
    建築確認申請業務(必要な場合)、
    交通費(建設地まで片道50km以上の場合)、
    確認申請手数料・検査手数料(印紙代)、
    建築基準法以外の任意の制度に関わる申請費、
    地盤調査費、敷地図がない場合の測量費、
    インテリアコーディネート費等は含まれていません。

設計監理料
つながるいえプロジェクト[susreno|サスリノ]