たのしいけんちくを、もっと。
facebook facebook twitter twitter
つながるいえプロジェクト[+happiness|ハピネス]

つながるいえプロジェクト[+happiness] 02.自然とつながる家

自然とつながる屋外デッキやテラスがある、ロハスな家。

ロハスとは、Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字をとった略語。
「健康と環境を志向するライフスタイル」のこと。

02-1.

ロハスな家

自然の力を利用した、家族が自然と集まるポカポカした日だまりのある家。

冬の日射しを取り込み、夏の日射しを遮る設計。
日射しシュミレーションを活用した、ポカポカした日だまりのある家。
暖房期平均日射熱取得率を計算でもとめ、環境性能をデザイン・整理した、冬の日射しを有効活用した家。

02-2.

日だまりのある家

自然の力を利用した、風が流れ心がつながる家。

地域の卓越風を調べ、敷地内にどのような風が流れるかシュミレーションをおこなう。
サッシや建具を適切な位置に配置し、開閉方法を工夫することで、空気が流れ心がつながる家を考える。

02-3.

心がつながる家

昼光利用で明るい室内。

光が拡散する反射率の高い仕上材を使った明るい室内。

02-4.

昼光利用で明るい室内

自然の力を最大限活かす、隙間の少ないあたたかい家。

気密試験による隙間の少ないあたたかい家。
C値目標1.0cm/m2以下目標

02-5.

あたたかい家

高気密高断熱+パッシブハウスで低燃費住宅・健康住宅

パッシブハウスの追求。機械に頼らなくてもエコな住宅。μ値・Q値・C値等の様々なモノサシを使いながら環境性能をデザイン・整理していく。

光熱費シュミレーションにより、環境性能をわかりやすく解説。

建物の基本性能を上げ、自然エネルギーを利用したパッシブハウスを追求することで、低燃費住宅を実現。次世代省エネ基準の住宅と比較して、僅かなコスト増で(詳しくはお問い合わせ下さい。)、30年で250万円~300万円程度光熱費が安くなります。

Q値目標1.8W/m2以下目標

パッシブハウスを考える。[I-House編]

※ 光熱費実績 [I邸] [M邸] [T邸] [S邸]

02-6.

低燃費住宅・健康住宅
つながるいえプロジェクト[Basic|ベーシック]